体調の変化とプラセンタの効能の関係

体調の変化とプラセンタの効能の関係

プラセンタ関連の数々の情報に目を通せば、数多くの利用経験談として、その優れた速攻性を謳う文言が次々と飛び込んで来ます。
ネットの画面上で微笑む女性の写真と紹介されている実年齢に驚き、更には「数日後からハッキリと肌が若返って来たのが分かった」「瞬く間に十代に戻ったみたい」など、プラセンタの効能の素晴らしさに期待が一気に膨らむ、そんなコメントがズラリです。

多くの愛用者を日々増やし続けているヒット商品であれば、その効能自体には疑う余地は無いと判断しても、基本間違いありません。
ですが同時に忘れてはならないのが、私達の体質や体格は1人1人全て違い、プラセンタが有する数々の有効成分との相性も違って当然である事なのです。
まして私達の体調自体も、日々細かい変化を見せます。
生理の周期や風邪、寝不足、食べ過ぎ、精神的ストレスなど、数々の心身の症状や状態が、規則正しく体内に摂取するプラセンタの栄養素を、時に積極的に吸収し、あるいは拒絶するような動きも見せても不思議ではありません。

いわゆる口コミサイトへの投稿を見れば、例えば「直ぐに効くと書いていたのに、3日飲んでも効果が無い!だからこのプラセンタ製品はダメ!」と、何とも短気なコメントが時折見られたりもします。
お気持ちは痛い程理解出来ますが、たった1つの配信の一部の文言だけが頭に深くインプットされてしまったのでしょうか、あまりに効果を焦る余りの発言です。
同時にこのコメントだけを鵜呑みにしてしまい、本来なら自身にベストマッチだったかも知れないプラセンタ製品をスルーしてしまっては、あまりに残念な展開と言わざるを得ません。

プラセンタは私達の体内に少しずつ着実に採り込み蓄積させる事で、じっくりと確実に全身の細胞にその栄養素が行き渡り、そこから効果が現れる流れを辿ります。
勿論優れた速攻性が現れたエンドユーザーのコメントも事実でしょうが、どちらかと言えば稀なケースだと捉えておいた方が賢明でしょう。
プラセンタは解熱剤や頭痛緩和薬等の特効薬では無く、基本速攻性を期待する存在ではありません